やっつけたろう 解いたろう これぞ令和の桃太郎!〜川越謎解きウォークラリー〜

やっつけたろう 解いたろう これぞ令和の桃太郎!〜川越謎解きウォークラリー〜

【やっつけたろう 解いたろう これぞ令和の桃太郎!〜川越謎解きウォークラリー〜】
@六塚会館
先日2月28日に埼玉県川越市、六塚会館にて「川越ウォークラリー」事業を開催いたしました。

本事業では、子どもたちに人と関わる事・人と話す事の楽しさを味わってほしいという目的で、川越の街中を使っての謎解きウォークラリーを実施致しました。

初めにアイスブレイクとして、「鬼の角取りゲーム」を行いました。
子どもたちは自分よりも背の高い学生を相手に果敢に立ち向かう姿を見せてくれました。

その後には、ウォークラリーを一緒に回る学生を子どもたち自身で誘ってもらう経験をしてもらいました。
前回までの事業では運営側で予めグループを割り振っておく事も多かったのですが、子ども自身で1日を過ごすメンバーを決めてもらうのは新たな挑戦でもありました。
最初は緊張していた子もいましたが、学生のアピールポイントを良く吟味しながら自分のチームのメンバーを決めている姿から学生一人一人としっかり関わろうとしている思いが感じられました。
また、学生も自分がどの子どもと1日を過ごすか分からない段階で多くの子とコミュニケーションを取ろうとしていたことから子どもたちの緊張も解けやすくなっていたのではないかと思いました。

そして、本事業のメインコンテンツである「ウォークラリー」の時間では各チーム3~5人に分かれてウォークラリーマップを使用しながらチェックポイントを周り、謎解きをしてから最後にキーワードを並び替えて答えを導き出す事でチームの仲間との協力、地域の方に話しかける経験をしてもらいました。

そして事業の最後には、いよいよ鬼との対面、「鬼退治」の時間です。
鬼に扮した学生を相手に、鬼の弱点である卓球で勝負です。
いきなり姿を現した鬼に怖気付きつつも、最後は鬼を撃退することに成功しました。
ここでも、子どもたちは仲を深めた学生の応援を受け鬼に立ち向かう場面があり、ウォークラリーで仲を深めたことにより学生の応援に応えたいと思う子どもの姿が見られて良かったです。

そして事業の最後には、ウォークラリーを共にした仲間との写真をカードにして子どもたちにプレゼントしました。
笑顔で受け取ってくれて、チームの仲間と充実した時間を過ごせたんだなということが伝わりました。

本企画を開催するにあたり、参加者への2週間前からの検温・健康観察、こまめな手洗い消毒やマスクの着用等、できる限りの新型コロナウイルス感染対策を徹底して行い、無事に開催することができました。参加者の皆様のご理解、ご協力に深く感謝申し上げます。

今回も武蔵てらこやの活動にご参加頂きまして誠にありがとうございました。
また、今後とも武蔵てらこやをよろしくお願いいたします。

〈事業開催にご協力頂いた皆様〉
・養寿院 様

〈チラシ掲載にご協力頂いた皆様〉
・松本醤油 様
・亀之助商店 様

今回の事業を開催するにあたり多大なご協力を賜り誠にありがとうございました。
この場をお借りして厚くお礼申し上げます。

報告者:高野知美

前へ

今日、全国にてらともができる 「ごちゃまぜ企画」全国のてらこやがコラボ!

次へ

友だち100人できるかな?!